免震構造レビューのご案内

(JSSI-V-20)
平成18年2月21日

免震構造レビューのご案内



 一般社団法人日本免震構造協会では、免震構造のレビューを行っています。
 一人の設計者が設計したものを設計者同士でピアチェック(peer check)することは米国などでは既に定着していますが、日本では実施された例は極めて少ないのが現状です。同じ設計者同士のピアチェックは、例えば、自分の設計した物件に対する他者のレビューがほしい場合とか、重要な建物で第三者のレビューを受けて安全をより確実にしたい場合とか、開発的な新しい要素を持つ設計について第三者の助言を貰いたい場合などには、たいへん有効なものとなります。
 当協会では、免震建築物の設計の実績と経験が豊かな設計者によって構成される免震構造レビュー委員会を設け、中立的な立場で設計内容をレビューし、必要な助言を行う体制を整えております。

 ○免震構造レビュ−委員会設置及び運営要領(JSSI-V-01)

1.レビューの対象
 原則として日本国内における免震建築物の設計に係る案件を対象とします。また原則として日本免震構造協会会員が関与されたものに限ります。
 対象とする案件は、その内容やレビューする項目等について、あらかじめ十分に相談させていただきますが、受付けるか否かは構造レビュー委員会が決定します。レビューの趣旨・目的等からみて適切でないと判断されるものについてはお引き受けできない場合もあります。

2.免震構造レビュー委員会
 免震構造レビュー委員会は表1の委員によって構成されます。この委員のほか、検討内容に応じて、協会会員の中から、実績・経験の豊かな設計者を、レビュー担当者として選任する場合もあります。
 レビュー担当者は、委員会の委員と合わせ、計2〜3名でチームを構成します。委員会はレビュー担当者から結果の報告を受け、審議した後、申込者が希望する場合には報告書を作成し、申込者に提出します。委員会は誠意を持ってレビューしますが、あくまでも設計責任は設計者に帰属するものとし、事前に覚書を取り交わすものとします。

表1 免震構造レビュー委員会委員

委員長 可児 長英
委 員 嵐山 正樹、 上野  薫、 北村 佳久、 公塚 正行、 篠崎 洋三、
中澤 昭伸、 中澤 俊幸、 古城 豊光、 古橋 剛
事務局 永井  潔

3.申込方法
 構造レビューを希望される方は、所定の構造レビュー申込書に必要事項をご記入の上、建物規模・構造種別・構造形式・免震層などの概要が分かる書類と一緒に、下記の窓口までお申込みください。

 ○事前相談票(JSSI-V-46)
 ○申込書(JSSI-V-03)
 ○覚書(JSSI-V-02)

4.所要期間
 構造レビューに要する期間は、建築物の条件や検討事項の内容により異なりますが、特に期間を要する場合以外は、1ヶ月以内に終了することを原則とします。

5.費用
 レビューに当たっては、実費を申込者に支払っていただきます。金額は委員の時間単価をもとに算定しますが、レビューの難易度等により異なる場合がありますので、個別に見積りの上決めさせていただきます。

【窓 口】 一般社団法人日本免震構造協会 性能評価業務部 (担当:沢田)

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-3-18 JIA館2階
TEL: 03-5775-5431   FAX: 03-5775-5434

[ホーム]