免震についてJSSIの事業・業務
点検について
1)目的

維持管理点検の目的は、
  a.当初の設計思想、設計条件が守られていること。
  b.災害発生後も正常に免震機能が発揮できること。
などを確認することです。

2)検査・点検の種別と概要

点検は、目的にあわせて以下のように分類され、必要な時期に実施します。

a. 竣工時検査 以下のb〜fの点検時に必要な項目の初期値を測定するものです。
b. 通常点検 毎年、免震機能の異常や不具合の早期発見を目的に目視を中心に実施します。
c. 定期点検 定期的に異常の有無を検出する目的で、建物竣工後5年、10年、以後10年ごとに計測を含めた点検を実施し、記録に留めます。竣工時検査などの実施状況により省略出来る点検項目があります。
d. 応急点検 災害時に迅速に対応する目的で、大きな地震や火災、浸水などの災害を受けた直後に目視を中心とした見回りを実施します。
e. 詳細点検 通常点検、定期点検あるいは応急点検で免震部材の異常が認められた場合に、原因の把握と対応を検討するために、計測を含めた詳細点検を実施します。
f. 更新工事後点検 免震層内、建物外周部で免震機能に影響がある工事の完了後に実施します。点検項目は、竣工時検査に準じます。

3)維持管理点検業務

1. 免震建物点検技術者などが点検を実施します。
2. 計測機器等による測定を実施します。
3. 点検結果を精査し、報告書を作成します。
4. 点検業務の受託費用は、当協会のホームページ上に記載されている、
  点検業務を行っている企業にお問い合わせ下さい。→こちら

4)維持管理点検項目

当協会発行の「免震建物維持管理基準」に準拠します。
維持管理点検項目の一例を以下に示します。

部 位 必要性能 点検項目 点検方法
免震部材 ・鉛直荷重支持性能
・水平変位性能
・復元性能
・減衰性能
・耐火性能

注)耐火被覆は火災による
  免震部材の温度上昇を
  所定値以内に収めること。
・損傷、発錆の有無 ・目視
・鉛直変位(クリープ) ・計測
・水平変位 ・計測
免震層・
建物外周部
建物と地盤との相対変位に支障がなく、各部に損傷が生じないこと。 ・クリアランス ・計測
・障害物の有無 ・目視(確認)
設備配管・
配線可撓部
変位追従性能 ・形状の変化 ・目視(確認)
・損傷液漏れ等の有無 ・目視(確認)
その他 ・免震層は立ち入る機会が少ないため、点検対象外の事柄であっても著しい不具合が
 発見された場合は、報告することが望ましい。
このページのTOPへ戻る
-