免震についてJSSIの事業・業務
性能評価業務 建築基準法に基づく性能評価業務のご案内

JSSIでは建築基準法に基づき、免震・制震建築物や超高層建築物、免震材料等の建築材料に係り、
指定性能評価機関として、性能評価を行っています。
注意)当協会にて実施している材料性能評価は建築基準法第37条第二号に基づいて行っているものであり、
過去においても現在においても文化財や機器の免震・除振に用いる免震材料・免震用装置は
対象としておりません。同時に、建築基準法第20条第四号に定める建築物のうち、
構造計算を行わない建物の対象としていません。

>本文へ

性能評価の手順

性能評価業務の手順である
 1)事前相談 2)性能評価の申請 3)性能評価委員会 4)審査基準 5)最終版資料の提出
 6)大臣認定の申請 7)性能評価案件の公表
についての解説・関連情報や関連書類(書式)等について掲載しています。
>本文へ

事前相談

性能評価を受けるための事前相談について
 1)構造性能評価 2)材料性能評価
に分けて解説しています。
>本文へ

委員会開催日

JSSIでは、区分毎(構造性能・材料性能)に専門の審査委員会を設け性能評価を行いますが、
ここではその開催日程を公開しています。
>本文へ

委員会メンバー

性能評価委員会メンバーについて紹介しています。
>本文へ

性能評価・評定・レビュー Q&A

性能評価・性能評定・レビューに関する質問にお答えしています。
>本文へ

このページのTOPへ戻る
-