巻頭言

発行年

内 容

著 者

1 1993年夏 日本免震構造協会設立にあたって 免震構造協会 会長 梅村  魁
2 1993年秋 規制緩和と構造 免震構造協会 副会長 救仁郷 斉
3 1994年冬 地球環境問題、建設そして免震 免震構造協会 副会長 武田 寿一
4 1994年春 免震構造が担うもの 福岡大学 多田 英之
5 1994年夏 免震建築物への期待 大阪大学 教授 井上  豊
6 1994年秋 免震建築への期待 東北工業大学 教授 川股 重也
7 1995年冬 私事「免震応答制御」事始め 日本大学 教授 石丸 辰治
8 1995年春 「病院を免震構造に」の願い空しく 関西大学 教授 山田  稔
9 1995年夏 免震建築のPARADIGM 免震構造協会 会長 中野 清司
10 1995年秋 免震構造は始めの選択 東京工業大学 教授 和田  章
11 1996年冬 免震構造雑感 京都大学 名誉教授 金多  潔
12 1996年春 免震構造に対する感激と危惧 東京大学 名誉教授 青山 博之
13 1996年夏 免震構造について 早稲田大学 名誉教授 谷  資信
14 1996年秋 免震建築に想う 東北学院大学 教授 志賀 敏男
15 1997年冬 地震動を免じているか 日建設計 顧問 矢野 克巳
16 1997年春 阪神・淡路大震災とRC造建物の被害 東京大学 教授 小谷 俊介
17 1997年夏 免震構造の今昔 足利工業大学 教授 園部 泰壽
18 1997年秋 既存建物の耐震改修と免震 工学院大学 広沢 雅也
19 1998年冬 免震構造の基礎について 日本大学 榎並  昭
20 1998年春 序曲−免震構造の抬頭 東京大学 秋山  宏
21 1998年夏 免震と専門家 清水建設 和泉 正哲
22 1998年秋 橋梁のMenshin Design 東京工業大学 教授 川島 一彦
23 1999年冬 新しい協会の設立に向けて 日本免震構造協会副会長 山口 昭一
24 1999年5月 新しい日本免震構造協会の課題 社団法人日本免震構造協会会長 中野 清司
25 1999年8月 免震に何を期待するか 法政大学 教授 川口  衞
26 1999年11月 50cm・15%論 京都大学 教授 家村 浩和
27 2000年2月 免震構造に対する期待 横浜国立大学 村上 處直
28 2000年5月 免震構造に関する研究 東京大学 教授 坂本  功
29 2000年8月 改定建築基準法と免震建築 建設省建築研究所国際地震工学部 緑川 光正
30 2000年11月 エネルギー評価の世紀へ 東京理科大学 寺本 隆幸
31 2001年2月 設計者のアカウンタビリティ  
−設計用入力地震動評価の視点から−
名古屋工業大学 教授 久保 哲夫
32 2001年5月 免震構造 −つぼみから開花へ− 日本免震構造協会 可児 長英
33 2001年8月 21世紀の免震建築への期待 −長寿命建築にむけて− 東京都立大学 西川 孝夫

34

2001年11月

新たに豊かな社会をめざして

日本免震構造協会副会長

大越 俊男

35 2002年2月 空間構造と免震 日本大学教授 斉藤 公男
36 2002年5月 免震構造研究に総合性を(耐震の新しい座標、座標軸) 明治大学教授 洪  忠憙
37 2002年8月 免震の発展へ向けて 財団法人日本建築総合試験所 所長 井上  豊
38 2002年11月 虚像と実像 神戸大学 内田 直樹
39 2003年2月 免震構造の普及に想う 横浜国立大学 大学院教授 長田 正至
40 2003年5月 構造制御とsmart概念 早稲田大学 教授 西谷  章
41 2003年8月 GREAT SURVIVOR(偉大なる生き残り) 日本大学教授 安達  洋
42 2003年11月 「パッシブ制振構造設計・施工マニュアル」の初版発行 東京工業大学   笠井 和彦
43 2004年2月 大地震時に機能を発揮する免震・制振技術は
ユーザーに理解してもらえるか
国土交通省 国土技術政策総合研究所 飯場 正紀 
44 2004年5月 免制震技術で安心な構造物 秋田県立大学 小川 淳ニ 
45 2004年8月 当たり前の免震と高性能の免震 東京大学 神田  順 
46 2004年11月 設計と研究 東京都立大学 山崎 真司
47 2005年2月 免震建物の更なる普及を願う 東北大学 井上 範夫
49 2005年8月 昨今の耐震技術について    東京理科大学  松崎 育弘 
50 2005年11月 粘性系ダンパーによる耐震性能設計促進への期待    早稲田大学 曽田五月也
51 2006年2月 想定外を想定する洞察力の涵養を    日本免震構造協会 副会長 五十殿侑弘
52 2006年5月 沖縄で耐震技術について思うこと 琉球大学 山川 哲雄
53 2006年8月 耐震強度偽装      東京大学 壁谷澤寿海
会長就任のご挨拶          西川 孝夫
54 2006年11月 巨大地震に備えながら建築構造・免震に思う徒然    名古屋大学 福和 伸夫
55 2007年2月 長周期地震動と免震構造 東京理科大学  北村 春幸
56 2007年5月 建築空間の生命化 慶應義塾大学  三田  彰
57 2007年8月 地震が伝えるメッセージ 
−ある大スパン免震建築との出会い−
東京大学   川口 健一
58 2007年11 新潟県中越沖地震から学ぶもの 東京工業大学 翠川 三郎
59 2008年2月 高齢化社会と高層免震建物と 千葉工業大学 長橋 純男
60 2008年5月 生命・財産の保護と長寿命建築をめざして 日本大学 友澤 史紀
61 2008年8月 歴史的建造物の免震レトロフィット 東京大学 藤田 香織
62 2008年11月 さらなる安全と安心に向けて −免震構造− 京都大学 渡邉 史夫
63 2009年2月 思わぬ事態を招かぬために 東京大学 中埜 良昭 
64 2009年5月 都会の地震と田舎の地震 ―被災者は果たして平等か?― 東京工業大学 瀬尾 和大
65 2009年8月 免震構造雑感 杉村建築基礎研究室 杉村 義広
66 2009年11月 免震の実力・・擬似被害地震から学ぶ 京都大学防災研究所 教授
(独)防災科学技術研究所 兵庫耐震工学研究センター センター長
中島 正愛
67 2010年2月 構造技術者の役割 秋田県立大学 教授   小林  淳
69 2010年8月 予測困難な地震動と免震設計 ―冗長性と頑強性― 京都大学 教授 竹脇  出
70 201011月 震源近傍の強震動と免震 工学院大学 教授 久田 嘉章
71 2011年2月 奈良の歴史的建造物と免震 帝塚山大学 教授 三山 剛史
72  2011年5月  免震構造の安全性:耐震性能と耐風性能  神奈川大学 名誉教授  大熊 武司 
73  2011年8月  東日本大震災を経験して:地盤構造に依存する地震動特性と免震構造 東北大学 教授 源栄 正人 
74 2011年11月 大地震にも負けない国造り ―免震・制震への期待― 京都大学 名誉教授  入倉孝次郎
75 2012年2月  液状化による地盤振動と免震  東北学院大学 教授  吉田  望 
76 2012年5月  東日本大震災から1年を経て免震に思うこと  北海道大学 教授  菊地  優 
77  2012年8月  免震構造のこれから  福岡大学 教授 山 峯夫 
78  2012年11月  技術の普及とともに忘れてしまったこと  日本大学 教授 古橋  剛 
79  2013年2月  柔らかな頭と免震  明星大学 教授  立道 郁生 
80  2013年5月  もうひとつの道 − コンドル先生と耐震構造 −  首都大学東京 教授  北山 和宏 
81  2013年8月  サステナブル社会と免震構造  千葉工業大学 教授  田村 和夫 
82  2013年11月  免震用積層ゴム支承の標準化  東京工業大学 特任教授  西  敏夫 
83  2014年2月  災害の予知と防災・減災・レジリエンス  東京大学地震研究所 教授  平田  直 
84  2014年5月  科学技術と地震防災  名古屋大学減災連携研究センター 教授  武村 雅之 
85  2014年8月  想定外の巨大地震を生き残る構造  豊橋技術科学大学 教授  斉藤 大樹 
87  2015年2月  構造設計技術の継承  大阪大学 教授  倉本 洋 
88  2015年5月  免震構造との30年とこれから  東京工業大学 教授  竹内 徹 
89  2015年8月  鉄筋コンクリート造建物の免震  横浜国立大学 教授  田才 晃 
90  2015年11月  我が国が直面する地震危険度と免震技術への期待  東京大学生産技術研究所 教授  目黒 公郎 
91  2016年1月  次世代型免震構造のすすめ  京都大学 教授  川瀬 博 
92  2016年4月  免震制振国際共同研究の新しい枠組み  東北大学 教授  五十子幸樹 
93  2016年7月  免震構造の応答と長周期地震動に対する課題  明治大学 教授  平石 久廣 
94 2016年10月 デザイナーズ・メンシン 日本建築家協会 会長   六鹿 正治
95  2017年1月  構造設計上想定すべき地震動はどこまで?  神戸大学教授  多賀 謙蔵 
96  2017年4月  2016年熊本地震から1年 −内陸活断層地震への備え−  東京大学地震研究所 教授  古村 孝志 


[HOME] [会誌バックナンバー] [関連図書のご案内]